寿々屋ホームへ

 
焼酎と料理 焼酎と健康 美味し〜いのみ方 焼酎Q&A
 

●いろんな飲み方で本格焼酎を楽しもう

 本格焼酎の飲み方に「これでなきゃダメ」というものはありません。ストレートもいいし、ぬるめのお湯割りでゆっくり味わうのも、たっぷりの氷でロックでも、それぞれ美味しいですし、いろんな飲み方が楽しめるのも本格焼酎のいいところです。これまで、焼酎というと六対四あるいは五対五で飲むというのが一般的でしたが、最近ではロックやクラッシュアイスで飲む人も増えてきました。それだけ、焼酎を自由に楽しめるようになってきました。自由な発想で本格焼酎をもっと楽しみましょう。

 割水して暫く置き、ゆっくり温めて飲む。
 ●伝統的な飲み方。一度は試してください、焼酎の印象が変わります。
1
陶器や瓶(手軽にペットボトル)に水と焼酎を入れて、水と焼酎を良く馴染ませます。水と焼酎の割合は好みですが、五対五がいいと思います。 水は水道水よりも、ミネラルウォーターのようなおいしい水がベストです。水道水は色々な成分が混ざ っているのでお勧めできません。

2
一晩から2日ほど置いておきます。

3
小振りの酒器(なければ小鍋でもいい)にいれ、沸かしたお湯であたためます。

4
ぬる燗になるまで冷まします。

5
飲む前にもう一度かき回してよく混ぜます。

6
チョコでいただくともう最高です。

手間がかかりますが、この飲み方で、お湯割に慣れ親しんでいない方でもスゥーっと喉を通り、さわやかな味わいが楽しめま す。お湯割ってこんなにおいしいんだ!と再認識するはずです。ぜひお試しください。
 
 ただお湯で割るだけなのですが・・・
 ●ただお湯で割るだけでも、順番が大事
 お湯割も手順が違えば味も変わってしまいます。
 お湯はぬるめ。そして、必ず、お湯を先に器にいれ、あとから焼酎をゆっくり注ぎます。そう、暖かいお湯の上に焼酎を静かに置くように注いでください。後から注がれる温度の低い焼酎はグラスの底まで行き渡り、お湯と焼酎がじっくりと混ざりますし、最後まで温かいお湯割りを楽しむ事ができます。それにお湯を先に入れることで器もも温めることができます。 そんな馬鹿なと思うでしょうが、 やって見てください。順番が違うだけでホントに味が違います。

 けして、やかん、ポット等で沸騰している熱いお湯を焼酎にジャーっとはしないでください。温度があまりにも熱いと、匂いがキツく鼻にツゥーンとくることがあります。
 最近はやりのロックも旨いのが本格焼酎。
 ●氷もよい水で作るのが秘訣
 ポイントは1つ、氷です。良い水を凍らせ、クラッシュしてグラスでいただきます。
水道水を凍らせると、とけて焼酎に混ざったときに違いが出ます。
原酒、やハナタレ系がおいしいです。
 その焼酎の本来の味をもっとも味わえる飲み方。
 ●ウイスキーやラムのようにストレートで楽しむ。
 その焼酎の本来の味をもっとも味わえる飲み方。飲んだことのない焼酎はまずはストレートで。本来の味、深み味の厚みを楽しんでください。もちろん、焼酎はこだわりのもった本格焼酎をお勧めします。長期熟成や原酒、ハナタレなどをストレートで飲むと、焼酎の限りない広がりを楽しむことができます。
焼酎の種類 温度帯

いも焼酎

ストレート・常温・お湯割り
深く複雑な味わいを楽しむなら、冷たくして飲むよりも、旨み成分がふくらむ高い温度帯で飲むのが好ましい。
むぎ焼酎 ロック・水割り
すっきりしたキレノよのよい味わいは、冷やして飲み口をキリリと引き締めて飲むのがよい。
こめ焼酎 ストレート・常温・割らずにぬる燗
なめらかで厚みのある味わいは、割らずにそのまま楽しむほうが個性を活かせる。多少高めの温度帯で楽しむのもよい。
泡盛 ストレート・ロック・水割り
深く独特の風味は、そのまま単独で楽しみたい。しかし、酒質がしっかりしており、こしが強いため、水で割っても、ロックにしても個性を損なわずに飲用出来る。
黒糖焼酎 ストレート・ロック
ラムのような強い香りは、温度が上がると強く感じる場合がある。冷やしてもその個性は十分楽しめる。


Liqourshop suzuya since1962